浅尾美和さんのビーチバレーのルール等

浅尾美和さんがご活躍のビーチバレー
どんな器具やルールがあるのでしょう。

使用器具や用具の規格

 コートサイズ 16×8mの長方形
※サイドライン&コートラインの幅を含みます。
コートの周囲(Free Zone)は、コート・エンドラインから
5〜6mのスペースを必要とする。

 コートライン サイドラインとエンドラインは幅5〜8?p以内。
素材は耐久性に優れたライト判断できる色のついたものを使用する。
インドアバレーのアタックライン、センターラインはない。

 サービスゾーン サーブを打てる場所。
コートエンドの後ろ、サイドラインの間。
エンドラインからフリーゾーンの間でおこなう。
 天候 雨天開催。しかし、プレーヤーに」危険が及ぶと
判断される場合(雷、雹など)は試合不可とする。
 ネット 長さ8.5m、幅1m(±3cm)網目1マス10cmであること。
ネットの水平方向上下に5〜8?p幅のバンドがつく。

 ネットの高さ 男子 2.43m / 女子 2.23m ネットの中心を
基準とする。両サイドの高さは、誤差2?p以内とする。

 サイドバンド 5〜8?p幅(コートラインと同じ幅にする事)で
ネットの両サイド、サイドライン上に、ネットに対して垂直に取り付ける。
 アンテナ 長さ 1.8m 直径 10?o 赤と白のストライプ模様
(各色10?p交互)でサイドライン上、ネットに取り付ける
 ボール 国際バレーボール連盟(FIVB)が公認している
ビーチバレーボールを使用する。
色付き(オレンジ、黄色、ピンク、白等明るい色)である事
円周 66?p 〜 68?p
重さ 260g 〜 280g
内気圧 0.175 hPa 〜 0.225 hPa
※ 1試合で使用されるボールは2〜3個、同じ配色を使用
※ FIVBの国際大会では、3個使用し、6名のボール係を配置

□ ゲーム進行上のルール


ラリーポイント制つまりサーブ件の有無にかかわらず
得点される方式を採用。
3セットマッチで先に2セット先取した方の勝ちとなる。
相手コートへの返球回数は最大3回。
ブロックタッチも1回とカウントされる。
ただし、ネット上で対戦相手と同時に触れた場合カウントしない。
ボールは体のどの部分に触れてもかまわない。
エンドラインやサイドライン上のボールについては、
ボールのほとんどが超えていたとしても、
ボールの一部がラインに触れていればインボールとみなされる。
 ポイント 1,2セットは21点制、3セット目は15点先取となる。
タイブレイクの場合、2点差がついた時点で終了。

 コートチェンジ 両チームの得点合計が1,2セットの場合7の倍数、
3セット目の場合5の倍数になったときに行う。

 テクニカルタイムアウト 2セットのみ両チームの得点合計が
21点になったとき採用される。1回30秒。

 タイムアウト 各チーム、プレーが途切れたときに
リクエストする事ができる。1回30秒。
※各セットのインターバルは1分とする。

□ プレイスタイル

 ポジション インドアとは違いコート内でのポジションは自由。
フォーメーションもない。
ただし、サービスが打たれるときにはコート内にいなければいけない。
 サービス トスは1回のみ。
サーバーのチームメイトはレシーブをする選手の視界を妨げてはならない。相手チームからの要求があれば、
サーバーやボールがはっきり見えるように移動させられる場合もある。
サービスの順番を間違えた場合、
反則となり相手チームに得点が入る。
各チーム審判に順番を確認する事ができる。
サーブ権が相手チームに移るまで同じプレイヤーが打ち続ける。

 レシーブ&パス ビーチバレーでは、
多少のホールディングは反則とならない。
たとえば手のひらを上にしてすくうようなレシーブでも
比較的問題にされない場合が多い。
ただし、明らかにボールが停止するようなプレーは反則となる。
一方、サーブレシーブに関しては、オーバーハンドパスを
反則ではありませんが比較的厳密にジャッジされる傾向があるようです。
指先がばらつくとダブルコンタクトを取られます。
強打のスパイクをオーバーハンドパスで受けることは反則ではない。
また、オーバーハンドパスで相手コートへボールを返す場合、
両肩に対して直角方向でなければならない。
ただし、風で流れされた場合、その限りではない。

 ネット際でのプレー ネットの下で、
相手コートに踏み込んでしまっても、
相手プレーヤーに触れたり、プレーを妨げない限り反則とはならない。
 スパイク スパイクは、明らかにヒットするプレーでなければならない。
指の腹を使ったフェイントやタッチプレーは反則となる。
掌がグーの状態や指を曲げた状態、手の甲を使っての
ヒットは反則ではない。

 ブロック インドアのバレーと違い、
ビーチバレーではブロックタッチを一回のプレーとみなします。
残り2回のプレーで相手コートに返球しなければならない。
ただし、ブロックしたプレーヤーでも連続してそのボールに
接触してもかまわない。
ネット越しでの両チームのブロックの押し合いは、
1回のプレーに数えない。


□ その他のルール


 試合中の負傷 試合を中断する。負傷した選手は、
原則として治療や回復のために5分間与えられる。
試合続行が困難であると判断された場合、
審判より負傷した選手のチームに対して不完全なチーム措宣言され、
その時点で試合終了となる。
得点は、不完全なチームにはそれまでに獲得したポイントが生かされ、
相手チームには、勝者となる為に必要なポイント
(1・2セット目は21点、3セット目は15点)、及びセットが与えられる。
 審判への質疑 タイムアウトをとる場合、
ユニフォームなど着替える場合、サービスする順番を確認する場合、
何かコート内外など設備に関してチェックしたい場合、
その他何か不明な点があった場合など、
選手は審判に声をかけることが出来る。
ただし、試合中のプレーに対する審判のジャッジに関する質疑は
、主張が強すぎたり、試合の中断になるとみなされると
相手チームにポイントが加算される場合もある。
 コイントス ウォーム・アップをする前に審判、
両チームのキャプテンが立会いトスを行う。
コートまたはサービス権を選択する。
各セット、スタート前にトスを行う。
 ウォーム・アップ 試合開始前、
試合を行うコートで公式練習として両チームに3分間与えられる。